ホーム » 市施設との連携事業等

市施設との連携事業等

市が実施している事業,展覧会等と連携し,市民や観光客の皆様に,より多くの京都の文化芸術に接する機会を創出します。

京都芸術センター

芸術家と市民を繋ぐ、次世代のアート創造拠点

京都の芸術振興の拠点としてオープンし、若手芸術家の交流の場としても活用されている京都芸術センター。この都市に蓄積されてきたすぐれた伝統文化を現代に活かしつつ、美術、音楽、演劇など多様な分野の芸術が出会い新たなものを生み出す場となるようさまざまな事業を展開しています。京都芸術センターのページへ

KYOTO EXPERIMENT

世界から舞台芸術の<現在>が集う。
京都初の国際舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT」誕生。

京都に新しい舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT(キョウト・エクスペリメント)」が誕生します。
「KYOTO EXPERIMENT」では、国内のみならず世界各国から最先端の作品を紹介し、さらに、ここに集う人々の交流によって、次代を切り拓く新たなヴィジョンが創造されるための開かれた場を目指しています。
京都は国際的な歴史都市であると同時に、多くのアーティスト・研究者・技術者たちが日々研鑽を重ねる、創造的なポテンシャルに溢れた都市です。そんな京都を舞台に展開するフェスティバルで、知覚を揺さぶるような体験と出会い、<現在>が更新されるその瞬間を目撃して下さい。KYOTO EXPERIMENTのページへ

京都市美術館

優れた美術の鑑賞と発表の場

1933年の開館以来、“京都市民の美術館“として優れた美術の鑑賞と発表の場として親しまれてきた京都市美術館。今秋は、「所蔵品展 画家たちのヨーロッパ-浅井忠・太田喜二郎とその系譜-」と 「髙島屋百華展-近代美術の歩みとともに-」と「再興第95回院展」と「京都市立芸術大学創立130周年記念 京都日本画の誕生-巨匠たちの挑戦-」を開催します。京都市美術館のページへ

京都市動物園

動物たちと遊んで学べる、ふれあい体験

明治36年に日本で2番目の動物園として開園し、ご来園の皆様をはじめ多くの方々に愛され支えられてきた京都市動物園。 この秋もさまざまな動物たちとふれあい、学習できる体験イベントを用意しました。ぜひ、家族揃って遊びに来てください。京都市動物園のページへ

元離宮二条城

二条城お城まつり~AUTUMN FESTA 2010~

世界遺産・二条城の魅力をアピールし、国宝・重要文化財建造物などの公開を通して文化財保護の大切さを訴える「二条城お城まつり~AUTUMN FESTA 2010~」。53日間にわたって、雅で華やかな催しを展開します。元離宮二条城のページへ

市民狂言会

伝統芸能に親しむひととき。

京都市では,市民や観光客の皆様に低廉な価格で楽しく伝統芸能に触れていただく機会を提供するため,昭和32年度から市民狂言会を開催しています。
深まりゆく秋のなか,心地よい「笑い」の文化に是非触れてみてください。市民狂言会のページへ

京都会館開館50周年記念事業

開館当初から京都会館での公演最多ジャンルであるバレエ。開館50周年のために制作されたモダンダンスも披露する、スペシャルプログラムが実現!「総合舞 台芸術」と称される感動の舞台をお見逃し無く!

京都会館開館50周年記念事業のページへ

古典の日推進事業/古典の祭典2010

「源氏物語」の存在が記録上で初めて確認できる日から、ちょうど一千年目に当たる昨年11月1日に開催された源氏物語千年紀記念式典において、“古典に親しみ、古典を日本人の誇りとして後世に伝えていく”ことを目指す「古典の日」が宣言されました。

この宣言に基づき、京都市では、京都府、京都商工会議所等とともに古典の日推進委員会を設立し、11月1日の「古典の日」を中心に、様々な事業を展開します。

古典の舞台が数多く残る京都。この機会に、世界に誇る古典を今一度見つめ直し、学び、その魅力を感じてください。

古典の日推進事業/古典の祭典2010のページへ

文化庁メディア芸術祭

アート部門とマンガ部門を中心に、歴代受賞作品等による京都ではじめての企画展

文化庁では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガなどの優れたメディア芸術作品の顕彰と鑑賞機会の提供を目的として、1997年から「文化庁メディア芸術祭」を実施しています。また、2002年からは、これらの受賞作品などを幅広く紹介するため、国内外のさまざまな都市に巡回する企画展を開催しています。文化庁メディア芸術祭のページへ

京都国際マンガミュージアム

我が国初のマンガ文化の総合的拠点!

いまや世界中から注目をあびる日本のマンガを収集・保存し、研究する総合文化施設です。約30万点の収蔵資料を活用しての展示やイベントを通じて、マン ガの魅力を国内外に発信しています。京都国際マンガミュージアムのページへ

第4回京都造形芸術大学映画祭

『京都造形芸術大学映画祭』とは、京都造形芸術大学芸術学部映画学科の学生と教員によって映画祭実行委員会を組織し、学生が主体となって全ての企画・運営を実施していくプロジェクトで、メインプログラムは、①「北白川派」(プロの映画人と映画学科の学生が共同して作品を作り上げていくプロジェクト)により製作された劇場公開用映画の京都プレミア上映、②全国の学生映画を対象としたコンペティション「京都造形芸術大学アカデミー賞」、がその二本柱となっています。
今期2010年度の映画祭では、『京都から映画を元気にしていく!』という言葉をメインテーマに持ってきました。第4回京都造形芸術大学映画祭のページへ

第8回京都学生祭典

学生のまち・京都が熱く燃える2日間

すべてが京都の学生のプロデュースの祭りで、おどり、音楽のコンテストや、縁日など、世代を超えて楽しめる多彩な企画を開催。 恒例の「京炎 そでふれ!」は、出演者・来場者による総勢6000人の総おどりです。第8回京都学生祭典のページへ

第26回国民文化祭・京都2011

全国各地で様々な文化活動に親しんでいる個人や団体が日ごろの成果や実力を披露するため全国各地から集まり,競演,交流することにより,文化活動への参加の機運を高め,新しい文化芸術の創造を促す「国内最大の文化祭典」です。第26回国民文化祭・京都2011のページへ

ページトップへ戻る